• img2498
  • img2587
  • img2660
学校法人鹿島学園学習連携校の学習センターとして、鹿島学園高等学校通信制課程の高校卒業資格を取得!




 




 

Topics

五十嵐監督からのメッセージ

-「水と土の芸術祭」をどう理解しているか

初めて「水と土の芸術祭」の意味を知ったのは、こども創造センター館長の

浅井先生の講義がきっかけでした。人は水と土がないと生きていけない。

私はこの日まで、そんな当たり前のことすら考えたことはなかったのです。

ずっと昔から私たちは水や土、自然と共に生きてきました。「水と土の芸術祭」

はそんな人と土の関わりをアーティスト達が芸術祭として表す祭りなのだと思

います。そしてそれを見て感じ、そして自然との関わり、歴史を考える。そんな

機会でもあるのではないかと思いました。

この続きは、ブログでご覧ください。

葵学園映像作品 水と土映像作品



水と土の芸術祭「私たちはどこから来てどこへ行くのだろうか」葵学園 自主制作映画
脚本・監督・撮影・編集・音楽:本田雄一郎 音声:板垣雅治 Respect:海抜ゼロ/土屋公雄APT 田原唯之+木村恒介 
協力 ©葵学園映像プロジェクト「私たちはどこから来てどこへ行くのだろうか」製作委員会2015、 新潟市こども創造センター、新潟市西蒲区役所建設課、水と土の芸術祭実行委員会201­5


本編予告編